大切な人と最高の1日を過ごしたい

こんにちはマジロです!

今日は明日で付き合って1年、明日が誕生日で19歳になる彼女のことです。

彼女との出会い

彼女との出会いは現在働いているよろこば食堂です。彼女は僕よりも前に働いていたので、職場の先輩に当たります。

付き合う前から、彼女の振る舞いにはどこか優しさを感じていて、その優しさにどんどん惹かれました。

ただ、彼女は僕がめちゃくちゃお世話になってる(株)喜場の社長である小柴大地さんの妹。これは手を出したら殺される奴だと分かっていましたが、自分の気持ちに嘘はつけませんよね。笑

そんな彼女と今日は初めてデートした日なんです。

そして昨年の明日に告白し付き合い始めました。

一風変わった共通点

僕は元引きこもりなんですけど、彼女も元引きこもりでした。これは、実は付き合ってから知ったことなのですが、知らず知らずのうちに惹かれたのも少し納得できました。

彼女の引きこもりと僕の引きこもりは比較ができないことです。ただ、どこか分かち合えるそんな存在です。

 

僕が付き合った時にはすでに彼女は引きこもりではありませんでしたが、どこか闇を抱えているそんな子でした。

人が怖い

話を聞くと彼女は「人が怖い」と言いました。

過去に色々あったのだろうと思いましたが、そこはあまり深く聞いてません。

だから彼女にとっては、大勢の人数がいるところに行くこと、接客をすること、そういうことをこなすことにとてもエネルギーを使います。

ただ、本人はそこを克服したいという思いを持っているんだなってことはよく感じます。

まず僕と付き合ったこと。

今思うとデートもすごい勇気がいっただろうなと。

彼女にとっては知らない人と会うというのもめちゃくちゃ勇気がいるはずなのに、伊賀アスパラ農家ロンリーに一緒に会いにいったり、大人数がいるところに一緒に行ったりしてました。そして今年の夏には一緒に花火も行けました。

もちろん僕がみんな本当に優しい人たちばかりだから大丈夫だよと伝えているからというのはあります。

僕と今関わってくれている人たちは本当に優しい人たちばかりです。

だからこそ、こんなに優しい人たちがいるということを僕は彼女に知ってもらいたくて、色んなところへ連れて行ってます。

そんな彼女も1年経った今、少しずつ強くなっています。僕の前では自分の意見を述べるし、怒るし、時には支えてくれます。

まだまだ怖いことがたくさんあるけど、少しずつ人生を楽しんでっているように僕は感じてます。

人として魅力が溢れている

そんな彼女は本当に純粋で、謙虚で、優しさの塊のような人間です。

僕は彼女と出会って純粋に物事を楽しむこと、優しさ、器の大きさなど色んなことを学ばせてもらっています。

 

僕は今とにかく仕事をしたい、稼ぎたいという欲求が強く

「ごめん今日仕事してていい?」と言っても

「一緒に居れたらいい」と言ってくれ

お金がない時は、

「ご飯うまい棒でもいいよ!」

と言ってくれます。

もちろんうまい棒にしたことはありませんが。

 

僕は贅沢な暮らしに興味がある訳ではありませんが、お金にだらしなく生きてきた為そのツケが今回ってきています。

申し訳ないなという気持ちでいっぱいですが、彼女は

「どこか行かなきゃいや」なんてことは

一回も言いませんでした。

 

だからせめて、記念日、誕生日という日だけは何も考えさせずに思いっきり楽しんでほしいと思っています。

皆さんにお願いがあります。

僕たちの記念日、そして彼女の誕生日を一緒に祝ってくれませんか?

明日という瞬間だけは彼女にお金のことを考えさせたくないです。

やはり、僕がお金が厳しいことは彼女も分かっていると思いますし、いくら記念日、誕生日だからと言っても気にすると思うんです。

 

だから明日だけは何も気にしない1日にしてあげたいと思います。少しでも集まれば嬉しいなと思いますのでよければお願いします!

polcaってするのこんなに勇気いるんですね。

怖いなとかそういう思いがあるのが本音ですが、何より明日という日を最高の日にしたいのでよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です