行動してみることの大切さ|行動しないと何も分からないことを痛感した話

こんにちはマジロです!

今回は僕がバイトしているよろこば食堂での活動についてです。

アルバイトとして普段は飲食業をしています。

今年の7月から働いているので、働いて5ヶ月ちょっとですかね!

最初の頃は飲食店の業務だけで手一杯だったんですけど、最近はようやく業務にも慣れてきました。

よろこば食堂は飲食店なんですけど、本当にいろんなことをしているのでこの職場でただバイトをするだけじゃ絶対に勿体ないと思ってました。

 

自分の成長に利用する

 

僕はよろこば食堂で働いてる間常にこれを意識しています。

利用するとか言うと聞こえは悪いかもしれませんが、自分を成長させるために利用するということは自分がよろこば食堂に対してプラスになることをするということだと思うんですね。

社長自身もこう言ってます。

 


僕は自分で仕事をしたいという目標があります。

ただ何の実績もない自分にそうそう仕事が来るはずもないです。

そこでよろこば食堂で実績を積んでやろうという話なんです。

そういうことを喜んでくれる社長の会社だから僕は色んなことに挑戦できています。

 

具体的にどんなことをしているのか

 

例えば、今通販サイトを作らせてもらってます。


もし個人で通販サイトを作ろうと思ったら何か売るものが必要になります。

でもよろこば食堂の通販は既に売りたいものがあり、それを売る目的が既にあります。

また、企業の通販サイトである以上ある程度緊張感を持って取り組んでます。

通販サイトを作ってみたいと思っていきなり作ってそれを利用してもらえる環境は個人ではなかなかないなと。

どうすれば通販サイトで買ってもらえるのか、それを考え、実践することが自分のマーケティング力につながると思うのでガンガン取り組んでいきます!

 

よろこば食堂LINE@

 

社長からLINE@の登録者数を1000人にするという任務を与えられて行いました。


いきなり無茶振りをされましたが、社長はこうやってメンバーを育てようとしてくれてるのだと僕は思ってます。だから、僕は自身の成長のためにLINE@にどうやって登録してもらえるのか考えてます。

ポップを作ったり、

動画を作ったり、

 


営業してみたり色々してますが思ったような反応が返ってくることはかなり少ないです。これだけ自分の予測には大きな誤算があることが分かりました。

昨日上手くいったやり方が今日も通用するとは限らず、作ったポップもお客様の目に止まってるかどうかと言えば止まってないなというのが見て分かりました。

どんなデザインなら人は見ようと思うのか、壮大な壁にぶつかりました。

 

結果はかなりひどい

 

どれだけ時間をかけてポップや動画を作っても結果はなかなかにひどくて、これが自己満との違いかと思わざるを得ません。

680人から始まり現在では100人近くの人が登録してくれ、780人近くの登録者になりました。

100人もの人が登録してくれたことはすごく嬉しいのですが、やはり結果にこだわりたい。

 

仕事はプロセスも大事かもしれませんが、やはり結果なんだと思ってます。

結果がついて来なければ、どれだけ労力を使おうがそれは無駄となります。

もちろん無駄と分かることに価値はあるとも思います。

ただ、あれだけ頑張ったんだから仕方ないみたいなことは言いたくはないです。

 

個人だと個人の影響力が小さいという要素が絡んで来ますが、よろこば食堂にはお客さんがたくさんいます。つまり影響力は何も言い訳に出来ないと思います。

行動の結果がすぐに返ってくるのは残酷ですが、改善点がすぐに見つかることはすごくいいことだなと。後は自分の行動力を付けるだけ。

 

終わりに

 

今日も終わりに近づき、期限である12月はあと2日で終わろうとしています。

でもまだ諦めたくはありません。

ノリで始まったこの企画にも最後まで真剣に取り組みたいと思います。

 

ただアルバイトをするだけじゃもったいない。よろこば食堂はそういう職場なんです。

この環境を活かすも殺すも自分次第だと思ってます。もっともっとがむしゃらに自分を成長させていきたいと思います。

読んでくれてありがとうございました。ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です