デザインへの挑戦|苦手なことに挑戦することが自分を磨いてくれる

こんにちはマジロです!

僕は三重県津市にあるよろこば食堂という飲食店でバイトしています。

そこでお店のチラシを作る機会があったので今回はそのことについて。

 

デザインにハマったきっかけ

 

バイト先での主な仕事はピザを焼くことなんですが、それ以外にも物販用の通販サイトを作ったりしている内に自分でデザイン出来た方がよくね?ということで始めてみました。

 

 

そんな経緯で今デザインにはまっているのですが、本当にデザインに自信がないんですよね。

でもデザインを考えてチラシなどを作っている時には時間を忘れてやってしまいます。

 

 

こんな感じでデザインに手を出し始めました。

 

すごくデザインが苦手

 

 

そんな感じでデザインとやらを始めたのですが、正直全然自信がないんです。

別にオシャレに気を使ってるわけでもないし、中学の時は勉強ができたので成績はほぼ5だったのに美術の成績だけは5を取ったことがありません。

そのころから自分にはそういった才能はないと自負して生きてきました。

 

でもデザインはアートとは違って何を誰に伝えるのかという目的があり、その目的を達成するためのデザインを作るものだと本に書いてありました。

なんかこれがすごくしっくりきて、なんかデザインって面白そうだなと思いました。

もちろんセンスも問われると思いますが、これは場数で乗り切るつもりです。

最初から上手くできる訳なんてないくらいの気持ちでやってます。

 

実際に作ったチラシ

 

ふとよろこば食堂の社長大地さんと話してたらこんな会話になりました。

 

 

社長はいきなりこんな無茶振りがきました。

でも無茶振りこそ自分を成長させるチャンスだと思っています。

だからそこからどうするか考えてとりあえず店舗に来てくれているお客さんにチラシでアピールすることを考えました。

実際に1日徹夜して作ったチラシがこちら↓

 

よろこば食堂のLINE@に登録することで何が得れるのか、どうすれば登録したくなるのかを考えて、デザインしました。

ただコピーとかレイアウトにはある程度満足したのですが、配色が全然満足がいきませんでした。

この配色ならこんなイメージがつくなとかその辺の想像力が乏しい。

他にもコルクボードっぽくしたのに統一感がないなど言い出したらきりがないのですが、その問題をどうすれば解決できるのかがまず分からないという壁にぶち当たりました。

 

 

ただ1度プリントアウトしてから問題点も見えたので、そこを修正していきます。

今回チラシを作ったことで自分が色に関する知識が足りなさすぎることに気づけたのはでかかった。

実際に行動してみることで課題が浮き彫りになったのは本当に良かったと思います。

 

 

 

終わりに

 

どうすればよろこば食堂のLINE@に登録したいと思ってもらえるのか考えるのはすごく楽しいです。

色んな手法はあると思うのですが、デザインはその手段のうちの一つだと思ってます。

 

デザインにこだわることでどれだけ影響が出るのかを知れるのも自分のマーケティング力を付ける一つの手段なのかなと思ってます。

いくらいいアイデアだと思っても実際にしてみなければ何もわかりませんもんね。

自分のアイデアを形にして、それを実際に試させてくれるよろこば食堂の環境には本当に感謝しています。

上手くいかないことも多いですが、そこから学べることはたくさんあるのでとにかく色んなことに挑戦していきます。

 

この記事を読んで、よろこば食堂がただの飲食店ではないことは少し感じてもらえると思います。

社長の大地さんはよろこば食堂を使ってメンバーが成長することを何よりも喜んでくれます。

僕はそんなよろこば食堂が本当に好きです。

そんなよろこば食堂に少しでも興味を持ってくれたらLINE@に登録してくれると本当に嬉しいです。

 

読んでくれてありがとうございました。ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です